私が落ち込んでいる時にしてしまう事

私が落ち込んでいるときにしてしまう事は、人との連絡を断つ事です。大相撲のチケットを買って一人観戦してスマホは家に置いていきます。自分の中で状況を整理したいというのもありますし、全く関係のない事をして気分転換するという目的もあります。最近考えると落ち込むことがあるのですが、それはある友人のことです。長年付き合ってきたのですがその友人が職場で先輩との人間関係が悪くなり転職したり婚活していた時期と重なったせいもあり、言い寄ってきた無神経な男性と結婚する事を年齢的にさしせまっているということ(子供を産みたいということ)で決めてしまったことにもやもやしたりもしました。さらにその結婚披露宴では、古い友人のほとんどが出席をしなかった(やむを得ない事情もあり)という事態におちいり、その友人の人となりを知ることになってしまいました。友達の少ない私はその友人を頼りにしていたところもあったのですが、世間知らずで高飛車な一面もあり友人の職場問題がこじれ始めた頃からそれがひどくなってきたので、正直もう縁を切りたいと思ったりもしていました。ちょうどいい機会なので、結婚披露宴の誘いも断りとにかく嫌われようとしていました。ですが、それも友人や家族の関係もあって何かとうまくいかないので、とりあえず距離を置いたり自分から連絡を取らない事で自然消滅させようと思っています。自分から悩みの種に近づく事はないと思いますし、いつまでも被害妄想めいた事にこだわるのも不健康なのでまた違う世界を見ていこうと思うからです。

私の奇怪な落ち込んだらする癖

落ち込んでしまうと、場所を問わず必ず大きな声で言葉に出してしまう癖があります。
昔は職場の不和や、人間関係のストレスを自分なりに消化する為に…と言葉にしていました。やるとかなり落ち込んでいた事が小さく思えてスッキリするのでずーっとこの方法でした。
この前も新宿の調剤薬局で大きな声を出してしまいました。
これが嫌だったとか、腹がたつ!!とか。とにかく文字にして出すんですが、これが結婚してからが厄介な癖だったと痛感しています。新婚で新しい家で一緒に生活していて、義実家の事で少し落ち込んでいて無意識に大きな声で発散していた所、びっくりした顔の旦那さんと目が合い私もびっくり。自分でしていて何故とは思うのですがびっくりしました。その際に旦那さんに指摘されて自分がかなりやばい癖でメンタルバランスをなんとかしていたんだと気付きました。確かにこの癖でかなり自分を保っていたのは事実でした。
やばいと思い、トイレやお風呂の一人になれる場所を選んでも一緒に暮らしているのだから当然聞こえる訳で私の悩みが家族に筒抜け状態に…。
逆に把握してもらいやすく、自分で抱えることは無くなりストレスは全然無くなったのは嬉しいのですが、私の言葉遣いの悪さがバレてしまい少し恥ずかしい気もして落ち込んでも何も言わず我慢してみたのですがそうするとメンタルバランスが崩壊し涙が止まらなくなりました。
ちょっとおかしいとは思うのですが、旦那さんも理解してくれているので今は家族共有という事で癖を再開しています。

落ち込んでいるだけでは何も解決しない

私が落ち込んでいるときにしてしまうことは、買い物です。衝動買いをしてストレス発散したいと思ってしまします。
前髪カットを横浜にしに行ったりもします。
どういうときに主に落ち込むのかというと、基本的におおいことは何か失敗したときです。
特に仕事での失敗が落ち込んでしまいます。自分の立場が低いと余計とそう感じてしまいます。
そういうときはストレスがたまるので決まってゾゾタウンで買い物をしてしまいます。
買い物をしてストレスを発散させます。給料日後は、けっこう使ってしまいます。けどこれは自分の気持ちをはらす手段であり、解決ではありません。
解決しようと思うとやはり原因を追究し、クリアしようと努力はします。自分の中でこのままでいいやと思ったことはありません。
どうしたらできるようになるのだろう?とか、どうしたら失敗しないだろう?と工夫をします。

ほかに落ち込むことがあるのは家族とけんかしたときや、恋人と意見があわなかったときなどです。
自分の気持ちがうまく伝わらないときは落ち込みます。
人と気持ちがあわなくて落ち込んだ時は、手紙をかきます。自分は話すことが得意でないということをわかっているので、
ちゃんと伝わらなかったときは、手紙またはメールで文章を作成します。そして送る前に一度読み返し第三者としてみたときに
ちゃんと伝わるかどうかの確認はします。自分ではこういうふうに思っているのに相手には伝わらないときはとてももどかしいです。
どちらにしても共通しているのは、落ち込むだけでなく、次にすすむ努力をするということです。

プチプチだけが私の癒し

たたひたすらに、緩衝材でしたかね?お菓子や大事な荷物を包む空気の入ったプチプチをつぶして過ごしています。たたひたすら両手の親指を使い、プチプチと音を立てながらつぶしています。途中で親指が痛くなりますが、気のすむまでプチプチとつぶしまくります。
これでも、他に落ち込んだときの解消方法を今までいろいろ探しました。世間一般に言われているような、カラオケやボーリング、バッティングセンターに行く、ドライブなど試しに試しました。
しかし、どれも多少なりともお金がかかります。落ち込んでいたある日、クッキーの缶の中に入っていたプチプチを見つけて、つぶしていたら無心になれて気持ちが落ち着いていきました。それ以来、プチプチで解消しています。
ちなみに、コールセンターで働いていた頃は、その仕事内容からストレスがMAXでして、職場にもプチプチを持ち込みつぶしまくっていました。もちろん、きちんとしたお客様にはこちらも誠実に対応しますが、半数以上はただのクレーマーでしたので、丁寧に対応しつつも指先はプチプチでした。
お菓子の缶の中についてくるプチプチでは到底足りず、私はホームセンターに買い付けに行っています。業務用の、私の背丈ほどの長さと太さのプチプチを、定期的に買いにいきます。お金かかると言っても、カラオケやボーリング代に比べれば安いです。
ただ…唯一の欠点は、私の車がコンパクトカーなので、ホームセンターからの帰りは運転席と助手席の間にまで長いプチプチの頭側がはみ出ていること。横に置くには幅がないので、縦に置くしかできず、対向車や前の車の人たちが時折指差して笑っているのが見えます。
とりあえず、誰にも迷惑かけてない私の解消方法です。秋葉原 処方箋だして薬局で待っているときもカバンの中に手を突っ込んでプチプチしてましたw

気分転換には最高の百貨店コスメフロア

現在育休中なのですが、平日は主人の仕事が忙しくほぼワンオペ状態の毎日を過ごしています。栃木のアルバイトを思い出します。
初めての育児なので、全てが手探り状態で離乳食が上手くいかなかったり、夜泣きがひどかったりと楽しいぶん大変なこともとても多いです。
転勤で知らない土地で過ごしているので、すぐに会える友達や相談出来る人もおらずどうしても溜まってしまうストレスを解消する場所もなく落ち込んでしまう日々もあります。
私は趣味がデパコスを集めることなのですが、転勤してから主人が忙しくなかなか預けられず、いきつけの場所もない上にメイクをする機会自体がかなり減っていたので、今までにないくらい長い期間百貨店に行けていませんでした。
転勤して2ヶ月、夜に遂にストレスが爆発してしまい主人に今までの話をしたところ、1日休みを取るから好きにしておいでと初めて言ってくれました。
その日は朝からしっかりメイクをして、普段着れない服と靴で1人で出かけました。
久しぶりに来る百貨店は新鮮で、また新しいところなのでワクワクしながら夜な夜なネットで調べていたものを見に行きました。フロアの独特の香りとゆっくり自分のペースで商品を試したりメイクしてもらえる時間が本当に嬉しくて久しぶりに母から女性に戻れた気がして元気がでました。
なんとなくそうなるだろうなとは思っていましたが、帰りの電車で座るのに困るくらいのショッパーを持って帰りました。またしばらくは来れないだろうなとは思いましたが、帰りに1人でお茶してストレス解消できたので、また行きたいなと思います。

発散の仕方が分からないのでため込んでしまいます。

私が落ち込んでいるときにしてしまうことは、まずは泣くことです。何かあるとすぐに私は泣いてしまうのですが、落ち込んだ時はとことん泣きます。
ただ人前で泣くのは本当に苦手なので、一人でこそこそ泣いて病んでしまいます。
よく学生時代などに、凄く嫌なことがあったときも家や友達には何も話さずに一人で部屋で泣くということがありました。人には弱いところを見せるのがすごく苦手なので、勝手に一人で泣いています。この性格のせいで落ち込む率というのは高いですし、一人で抱え込むことが多いです。この性格は大人になった今でも変わっていないです。
また自分は、落ち込むととことん落ち込んでしまう性格なので、一人で閉じこもってしまうことが多いです。一度落ち込むと本当にどこにも行きたくないと思ってしまいます。仕事にはしっかりと行きますが、本当にダメな時は休むこともありました。
私は1度嫌なことがあると、考え込んでしまう正確なので、どんどん頭の中で嫌なことが増えていき、落ち込み具合が悪化してしまい最終的には爆発してしまいます。社会人になってからというものため込んだり落ち込んだりする回数が増えたので、爆発する回数自体も増えたなと思いました。
今は一人で住んでいるのですが、ものにあたってしまったりだとか嫌なことがあると買い物に走ってしまったりとためにため込んで爆発するということが本当に多いです。
自分で発散できるようになればいいのですが、本当に後々後悔します。
実家で親が庭いじりするとストレス発散になるといって庭リフォームしてくれています。田舎に帰ってやり直すという手もありますが、なかなか帰るという手段に踏み込める勇気もなかったりします。

人生は山あり谷あり、苦もあります。

私は29歳男性です。私は周囲の人から「しっかり者」という印象を抱かれている様ですが、実はその印象は大きな間違いで「しっかり者の様でおっちょこちょい」が正解です。これまでも様々な失敗を行ってきました。大勢の人たちの前で研究結果を発表するために壇上に立ったものの、緊張から結果報告のスライドを原稿と違うタイミングで出してしまったこと。新しいビジネスをやり遂げえると決意して、多額のお金を投資。しかし、ビジョンの甘さから失敗してしまったこと。身近なことで言えば「7時に起きる」と言って、目覚ましをセット。しかし、目覚ましのセット時間が8時でした。どれ一つとっても大変恥ずかしく、自身の不甲斐なさの数々に気持ちが凹みます。
ただ、私の人生において最も失敗したと言えるのは奥さんに対してのプロポーズです。ある日、私は大阪で恋人に渡すためのダイヤモンドの指輪を購入しました。私の年収から考えると身の程を弁えていない品だったかもしれませんが、恋人にはそれだけの物を渡してあげたかったのです。日取りを決めて、ホテルを予約して準備は万端に整えたつもりでした。ただ、当日になって思わぬことが起きました。台風です。台風が南から北上してきて、夜には大阪にくることが分かったのです。最悪のタイミングでしたが、予約と心の準備を整えていたので、プロポーズ計画をそのまま続行することにしました。けれど、これが失敗でした。大阪で待ち合わせ予定の彼女がJRが動かないために来れなくなってしまったのです。心の準備をしていただけに、この事実は本当に辛かったです。ですが、これも仕方が無いと自分を納得させて私は帰宅の途に着きました。そこで更なる追い打ちがあったのです。何と、あらゆる交通機関が台風の為にストップしてしまったのです。自宅までの距離は歩いて帰れる距離ではなかったので、一握りの希望を持って駅で待機することにしました。しかし、待てど待てど電車は動かず。遂には一晩を駅で過ごすという帰宅難民になりました。自分の運のなさ、考えの甘さがこの結果を招いたと本当に落ち込みました。皆さんは気を付けてください。